カテゴリ:建物( 42 )


2016年 03月 30日

日本銀行

日本橋の奈良物産展でお買い物
そのついでに古き建物を見学
今ある日本銀行では昔は貨幣が製造されてたようです。
貨幣の今昔も博物館にて見学できます。(無料)
a0134114_21152974.jpg

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
[PR]

by tiny0505 | 2016-03-30 19:12 | 建物
2013年 09月 09日

自由学園 明日館

池袋の西武デパートに買い物ついでに寄り道を・・・

自由学園は大正10年に女学校として設立されました。
昭和9年に東京都東久留米市に移転しています。 
その後、羽仁夫婦(創設者)が自由学園と日本の教育の明日を託して命名した
「明日館」は卒業生の活動の拠点として使用されてきました。

a0134114_19292887.jpg

                        ホール:毎朝の礼拝をしていた部屋です。 幾何学模様の窓が印象的です。

a0134114_19312649.jpg

                      食堂:幾何学的な装飾をもちいています。ライト(アメリカ建築の巨匠)自信がデザインした
                      照明は当時からのもです。

a0134114_19375679.jpg

                      教室:椅子がかなり小さい。当時は照明がなかったようです。ちょっと暗いかも。

見学は決まった日があるようなので予め調べてお出かけ下さい。
喫茶付見学:600円 見学のみ:400円


にほんブログ村

More  ホール喫茶は・・・
[PR]

by tiny0505 | 2013-09-09 19:50 | 建物
2013年 09月 08日

女学校の窓

あまり見に行く気がなかった所が思ってた以上の素晴らしさだと
テンションがあがります。
ここは大正10年の女学校の大教室です。
アサガオのエコカーテンも古びた窓枠と調和してました。

a0134114_946492.jpg



にほんブログ村
[PR]

by tiny0505 | 2013-09-08 09:53 | 建物
2013年 06月 05日

KITTE(キッテ)

昨日の続きになりますがKITTEの建物と雑貨の話です。
KITTEは「切手」と「来て」という意味があるそうです。
ガラス張りの明るい現代建築って感じです。

そして限定商品をゲットしましたよ。今回は4Fの雑貨中心に見ました。


a0134114_19501167.jpg


a0134114_19502752.jpg

                        カフェは4Fのマルノウチリーディングスタイル カフェオレはいまいちです。

a0134114_1950451.jpg

                          マグカップは長野県陶磁器の「HASAMI」と中川政七商店のコラボです。
                          ハンカチはKAMAKURAの手ぬぐい屋さんです。2点共限定品です。


にほんブログ村
[PR]

by tiny0505 | 2013-06-05 19:57 | 建物
2013年 02月 26日

レンガ倉庫

横浜のレンガ倉庫がどんどん綺麗になってきます。
その周辺も整備されて最新スポットに・・・
なんだか刑事ドラマとかのロケしてた頃のレンガ倉庫が懐かしいです。

a0134114_1944317.jpg



にほんブログ村
[PR]

by tiny0505 | 2013-02-26 19:07 | 建物
2012年 10月 16日

古建築物公開☆哲学堂

哲学堂公園は東洋大学創立者 故・井上円了博士によって精神修養の場として設立された
哲学や社会教育の場として整備された公園です。

哲学堂という名前の由来は明治37年に小石川(現:東洋大学)に設立した「四聖堂」より由来
「四聖堂」とは孔子・釈迦・カント・ソクラテスを祀り、「哲学堂」とも言いました。
その「哲学堂」が名前の起こりです。

a0134114_20181993.jpg

                       「四聖堂」・・・明治37年4月設立
                   本堂に東洋哲学の孔子と釈迦、西洋哲学のソクラテスとカントの
                   「四聖」を世界的四哲人として祀るために建立されました。

a0134114_20234435.jpg

                         釈迦涅槃像(和田嘉平作)が堂内に安置してあります。

a0134114_20294394.jpg

                         「六賢台」・・・明治42年11月設立
                         日本の聖徳太子・菅原道真、中国の荘子・朱子、
                         印度の龍樹・迦毘羅仙の六人を「六賢」として祀ってあります。

a0134114_203020100.jpg

                         3階に6人の肖像画があります。

a0134114_20365182.jpg
 
                「絶対城」・・・大正4年10月設立
                万巻の書を哲学界の万象とみたて、それを読み尽くせば
                「絶対の妙境」に到達するという寓意から図書館を絶対城と名づけました。         

a0134114_20372023.jpg

                         書棚が壁一面にあり明治19年より30年間収集し
                         明治以前の国書・仏書があったようです。(現在は棚のみ)

a0134114_20424957.jpg

                         「宇宙館」・・・大正2年10月設立
                         哲学が宇宙の真理を研究する学問であるとの観点にもとづき、
                         八畳敷の一室を哲学の講習の講義室として設けられました。

a0134114_20513957.jpg

                         聖徳太子立像(和田嘉平作)が堂内に安置され屋根上部の棟部分に烏帽子がついています。

他に無尽蔵 哲理門 三学亭 常識門など見応え十分にあります。
建物の中は春と秋に公開 10月31日(土・日・祝日のみ)まで


にほんブログ村
[PR]

by tiny0505 | 2012-10-16 20:59 | 建物
2012年 10月 09日

星と森と絵本の家

先日訪れた国立天文台(三鷹市)に絵本の家があります。
建物は大正期に建設された国立天文台旧1号官舎を活用してます。
この日本建築の中に入ると好きな場所で本を見ることができます。
天文台なので星や宇宙の本が多いです。

a0134114_11534955.jpg

                        H21年に復元・再築しました。天文台の森の中にあります。  
a0134114_11541246.jpg

                        中央の部屋は絵本展示室になってます。アートですね。
a0134114_11543010.jpg

                   自然や科学につながることも、顕微鏡があります。木の椅子やテーブルも落ち着きますね。

a0134114_11544677.jpg

                         窓の外は中庭で竹馬やベーゴマができます。和室なので赤ちゃんOKです。

「星」ー国立天文台の知的資材の活用や天文学者等の協力
「森」ー天文台の森の豊かな自然の中にあるという環境
「絵本」ー子どもと絵本の活動に集う多彩な人々との協働
「家」ー大正時代の官舎を保存活用した建物の魅力
コンセプトもちゃんとありました。

三鷹駅よりバスで20分 国立天文台
午前10時~午後5時まで
休館日 火曜日 年末年始

                                            
[PR]

by tiny0505 | 2012-10-09 12:23 | 建物
2012年 09月 07日

完成系スカイツリー

建設中のスカイツリーは見に行ったことあったのですが、完成してからは今日が始めてです。
近くには行かなかったので東武 浅草駅の吾妻橋付近から撮影しました。
なんだかプラモデルみたいに見えてしまう。

a0134114_20374369.jpg



にほんブログ村
[PR]

by tiny0505 | 2012-09-07 20:39 | 建物 | Comments(12)
2011年 09月 05日

たまご型の窓

a0134114_21274925.jpg


昨日の続きで図書館ですが、本の展示コーナーの中は撮影禁止なんです。
なので窓からアールデコの天井を撮りました。
内装は本当に素敵です。
明治時代だったら鹿鳴館てとこでしょうか?

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
[PR]

by tiny0505 | 2011-09-05 21:33 | 建物
2011年 09月 04日

誰だって本が好きになる

a0134114_20203746.jpg

ここは図書館なんです。

明治39年に「帝国図書館」として建築され、保存と改築をし平成14年に「子ども図書館」として
蘇りました。
古い場所は外観、階段、天井などです。撮影も階段と廊下のみOKでした。
こんな素晴らしい所で世界の本が読めるのですよ。子供だったら毎日通っちゃいますね。
「本のミュージム」で古い童話が展示されてます。「まやちかちか」なんて右から左に読む本ばかり
絵も味があってなんだかとれも新鮮でした。
そして期間限定で「世界をつなぐ子どもの本」展を9/11までやっております。
これまた韓国語の絵本やスペイン語の絵本、とにかく珍しいものばかりでした。
大人でも毎日通いたいです。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村

More 外観も素敵
[PR]

by tiny0505 | 2011-09-04 20:44 | 建物